沼南高ボクシング部情報 No.28

未分類

県新人戦「決勝戦」
沼南高ボクシング部選手の「試合画像及び試合結果」です。

◆第二試合 内山選手(赤) VS  福留選手(習志野高・青)
  
判定  ポイント負 27-30 27-30 27-30 27-30 27-30

◆第五試合 齋藤選手(青) VS  鎌田選手(習志野高・赤)
  
判定 2R RSC負

内山選手、齋藤選手は1月21日(金)から
埼玉県加須市で行われる関東選抜大会(B代表)に出場します。

伊東の県新人戦を振り返って、
 11月3.6.7日の3日間 県新人戦のジャッジで行ってきました。
 3日間の試合を見てふと思ったのが、腰の入ったしっかりとした「ワンツー」を 
 打てる選手が少ないような気がしました。
 野球のピッチャーの基本はストレートのように、
 ボクシングの基本は「ワンツー」です。
 自分の学校の練習場で、レベルが低い選手が相手なら簡単にいつでも打てるでしょうが、
 同じレベルの選手を相手に、試合のリング上でレフリー、ジャッジ、観客がいる緊張感の中
 「腰が入ったワン・ツー」が打てるようなパンチを、日々の練習で身につけて欲しいですね。
「ワンツー」をしっかり打てる選手が千葉から出ることを期待します。


沼南高ボクシング部に、

           声援をお願いします!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました